SHOFUSHA

桃畑を見下ろす
里山の麓にある
美しい名の工房

木の中に
がある。

木の中にはその木の音がある。
木が振動して音を出す。
だからもうそこで音が決まる。

大切なことは自分がどんな音色を作りたいか。
どういう音を出す楽器を作りたいか。

どこからか
聞こえてきて、
木へと導かれていく。

私が選んだ木というのは、実は私を選んでくれた木。
それは木の精に選ばれたということ。

名工カピキオーニの唯一の弟子になり、
そのカピキオーニが教えてくれたこと、
それは木と友達になること。そして、自分の音色を作ること。

神様ウィリアム・プリムローズ
との出い。

世界的な弦楽器奏者のウィリアム・プリムローズが
東京芸術大学に客員教授として招かれた時に
ヴィオラを作って見せに行った。
調弦もしないで、いきなり弾いて、その瞬間眼の色が変わった。

「おまえどこで修行した?」
「イタリアです」と答えたら、

This is the best Viola, I have ever played.
(これは今までに弾いたヴィオラの中で、一番いいヴィオラだ)
って言ってくれた。

以来、ウィリアム・プリムローズは飯田の楽器を愛用するようになった。

楽器について

※ ライフスタイルマガジン晴耕雨読より

樅楓舎とは

ヴァイオリン、ヴィオラ、
チェロの製作工房。

1972年、イタリアの弦楽器製作の巨匠、
マリノ・カピッキオーニの下での修行を終え、帰国していた、
飯田裕(いいだ ゆう)によって設立された。

ここで生まれる楽器について特筆すべきは、
材料の(もみ)の全てが、北イタリアで、
飯田自身の手によって選ばれ、伐採されたものであるということである。

「樅楓舎」の名は、
ヴァイオリン属の材料である、樅、(かえで)から。